千葉大学大学院融合科学研究科

English

教育目的

20世紀の学術は細分化・専門化を推進して多くの成果を得てきたが,境界領域の学術に関する教育研究をのばすことが困難であった。21世紀の今,広い視野をもった科学技術に関する教育研究を十分に推進する必要がある。また,科学技術の急速な進展により,新しい領域における人材養成へのニーズも高い。本研究科の設立の目的は,千葉大学自然科学系大学院,理学,工学,園芸学研究科における統合・学際領域,および新領域の学術に関する教育研究を推進し,重要な専門間の融合化により,さらに関連学術を発展・創出することにある。

特に,急激に進化・発展するナノ科学技術・情報科学技術に対する社会の要求に早急に応えるために,「ナノナレッジ」と新しい情報科学を有機的に連携させうる分野融合型の大学院組織の設置が急務である。これに応えるため,ナノサイエンス専攻と情報科学専攻から構成される融合科学研究科が設置された。

本研究科では,その教育研究実績が世界的に認められている行動科学的側面を重視し,情報の表現に重きを置いた新しい基幹分野である情報科学,世界的に新技術創成へと発展することが期待されているナノテクロジーの基礎分野であるナノサイエンスに関する教育研究を,自然科学系大学院の3研究科と特に深く連携して実施する。

自然科学系大学院の3研究科と授業科目の相互履修の推進等を通じて,密接な連携を図り,かつ文学部,環境リモートセンシングセンター等とも連携して新学術領域に関する高度技術者,研究者を養成する。国際連携および産業界との連携も重視して,挑戦力に満ちた人材の養成を目標としている。また,本研究科は,ナノサイエンスが生み出す先端科学と,千葉大学の伝統である画像科学の両方を教育することにより,「ナノナレッジ」を基盤に「情報画像」システムを進化させる,産業界が求める実践的な「ナノイメージング・エキスパート」の養成も目指している。